8月5日、【復興支援・吊し飾り】では、この春震災からの復興を果たした宮城県の病院に、復興への祈りをこめて作成した吊し飾りを送りました。

送付した病院は、TVから屋上にSOSの映像が流れた南浜中央病院です。

震災で、建物や機材が全滅し、病院そのものが機能しなくなっていましたが、職員や地域のみなさんの努力により、この春再開しました。ここに至るまでの道のりは、私たちが想像する以上に大変だったと思います。

くしくも宮城県は旧七夕。震災でなくなられた方々の慰霊と、再開に向けがんばってこられた方、そしてなにより今も復興に向けてがんばっている方々の癒しの一助になれば幸いです。